切らないフェイスリフトに挑戦してみました

だんだん年齢と共に肌のたるみが目立つようになりました

今まで少しでも若々しい素肌や、小顔を目指してスキンケアに使用する基礎化粧品や美顔器を使用するお手入れに力を入れてきましたが、だんだん年齢と共に肌のたるみが目立つようになり、口元のほうれい線や目元の小じわなど老けた印象を与える状態になってしまい、鏡を見るのが億劫に感じるようになりました。
しかしこのまま放置していてもどんどん肌の老化が進むだけなので、どうにか今の状態よりも悪くしないためには何をすべきかといろいろな美容情報サイトや雑誌を見ていたところ、美容クリニックで受けることが出来るリフトアップが直接顔のたるみを改善するのに役立つと紹介されていました。
今まで美容クリニックに相談をして治療を受けた経験がなかったので、リフトアップというとメスで切開を行う手術だとイメージしていたのですが、色々情報を集めていくうちに切らないフェイスリフトも複数存在することを知り、どれも日帰りで受けられてダウンタイムも最小限で済むと紹介されていたので、これなら気軽に受けられるかもと思い自宅近くで治療を行っている美容クリニックを探しました。
治療を受ける上でフェイスリフトの方法は美容クリニックによって様々であり、主にレーザーを利用する方法と注射を使用する方法、糸を使用する方法が主流であり、この中で最も人気が高いとされるのが糸を使った施術方法でした。
クリニックによっては肌の状態に応じて切るフェイスリフトを行っている場所も多く、切る治療と切らない治療のそれぞれの違いを正しく理解した上で自分に適した方法を選択すべきだと感じました。

だんだん年齢と共に肌のたるみが目立つようになりました : 肌への負担も最小限に抑えられる : 傷跡も徐々に目立たなくなったので周りにバレる心配もありませんでした