うつ病夫とアダルトチルドレン妻の日常

うつ病の夫をもつアダルトチルドレンの妻と子供&愛犬の日常を綴ったブログです。

夫婦の絆

f:id:mdker:20190318074201j:plain

先日、ロック歌手の内田裕也さんが亡くなりました。

 

このニュースを聞いて何となく納得して頷いている私がいました。

 

妻の樹木希林さんの死から半年でご自身も天国へ行かれたんだと。

 

結婚後すぐに別居し、離婚するであろうと思われていたにもかかわらず最後まで籍を抜かずに自由に生きた夫婦。

 

内田さんは別居後に女性との噂もありましたが、樹木希林さんにはそのような浮いた話はほとんどなく、仕事と子育てに一生懸命だった印象です。

 

私は樹木希林さんが大好きでした。

 

子供の頃はCMを見て面白い人だなぁと思っていましたが、大人になってからは生き方がカッコイイなぁと思うようになりました。

 

女を売りにせず、自分の良い面も悪い面も受け入れ、女優という職業を全うした女性。

 

その間に娘を授かり、孫も授かり、それでもだれかの母というよりかは樹木希林でした。

 

自由な行動と発言、ガンとの共存、全て私が理想とする女性でした。

 

彼女が亡くなった時は本当に残念で、追悼番組などは全部観て、更に大好きになりました。

 

私の最近の目標は『脱力する』です。

 

これを彼女は演技でも一番大切な事としていました。

 

それを知った時、大切な事が一緒なんだぁと嬉しくなりました。

 

樹木希林さんは肩の力が抜けていて、カメレオンのようにどんな役柄もこなしました。

 

不動産投資をし始めたのも、自分の性格上いつ芸能界を引退せざる負えない状況になるか分からなかったからだと言います。

 

自分という人間をよく理解し、それに合った生き方を見つけ、人生全うした女性だと。

 

内田裕也さんを生涯の伴侶と決め、一度結婚したらその後何があっても微動だにしなかった強さ。

 

同じ方向を向いている同志のような関係。

 

精神的にはお互い繋がっていて、支え合っていたのだと私は思います。

 

内田さんも樹木希林さんが亡くなってからとても落ち込んでいたとの事。

 

今天国でお茶でも飲めているのかなぁと思うと私も嬉しいです。

 

お二人のご冥福をお祈りいたします。