もう一度自分をやり直してみよう

失われた10年を取り戻そうとする40代主婦のブログです。

休日はテレビ鑑賞で泣く

f:id:mdker:20190406131607j:plain

私は1週間に3時間くらいしかテレビを見ません。

ここ数年テレビの音が気になるので消すようにしていて、だらだら見る事は殆どなくなりました。

お昼に何かちょっとだけ食べる時に15分だけ見たり、夫が夕方のニュースを見ている時に一緒に見たりするくらいです。

でも週末に録画している番組を見る事もあります。

ここ数年ずっと見ているのが『きらきらアフロ』『家ついて行っていいですか』『ザ・ノンフィクション』です。

時々『金スマ』も見ています。

きらきらアフロは何も考えずに寝る前に笑って寝たい時に見るようにしています。

家ついて行っていいですかは全国の平均を学んでいます。

全国の平均というのは、どんな住宅に住んでいるのか、部屋は何度の設定か、駅まで何分程のところに住んでいるのか、何を食べているのかなどです。

たまたま見つけて突然取材をするのでお金持ちの方やそうでない方などいろいろです。

でもとても生活をするうえで勉強になっています。

北海道では冬、室温がだいたい25度くらいで半袖で過ごしている家庭があったりします。

うちの実家や親戚の家はこのタイプ。

ですが家ついて行っていいですかの番組で取材しているご家庭は冬でも部屋の温度計が16度とかだったり。

何気なく番組を見ていて16度の温度計を発見した時はビックリして巻き戻した事もあります。

そういった関東在住の方を真似て、最近我家では室温を20度にして暖かい部屋着を着るように試みました。

それで今年は冬を無事に過ごせたので、今までの普通がちょっと全国平均ではなかったんだなぁと思って反省していたところです。

光熱費も大幅に下がりましたし、ムダを無くせて本当によかったと思っています。

職業も様々、仕事があったり無かったり、天涯孤独であったり、大家族だったり、本当に様々な境遇の方がいて自分の人生なんてそんな大変じゃなかったんだって思えたり。

ザ・ノンフィクションも同じような感じで、1人の人生を長く取材して最終的にどうなったかを追うような番組なので実にいろいろな人が世の中にいるなぁと気づかされます。

そしてたった今見終わったのが『金スマ』です。

今回は私が子供の頃から大スターの志村けんさんを特集したものでした。

師匠いかりや長介さんとの関係や、志村けんさんの人柄が分かり、より一層好きになって泣いてしまいました。

バカ殿が大好きなうちの娘には「ママは志村けんが死んだ時は絶対泣いちゃうから」って普段から言ってあります。

死んでないのに泣いちゃいました(+_+)

偉大な人の努力を知った時、更にその人が大好きになります。

志村けんさんの素直で真っ直ぐな性格、人と協調できる人格、物事を深く考え新しい物を作り上げる事のできるエフェカシーの高さを目の当たりにして涙がとまりませんでした。

最近特に涙もろくなってしまい、テレビを見ればすぐに泣いてしまいます。

自分以外の人の事を知ったり見たりする時間も大切ですね。

最近ブログで色々な方の生活を知るようになり、私も少しお料理を頑張ってみようかなと思い始めています。

自信はありませんが、今日は今から家族のために何か作りたいと思います。

少し前、娘に「ママの料理はくそマズイ」と言われたばかりですが頑張ります!