うつ病夫とアダルトチルドレン妻の日常

うつ病の夫をもつアダルトチルドレンの妻と子供&愛犬の日常を綴ったブログです。

ぎっくり腰を治す私なりの方法

f:id:mdker:20190416105820j:plain

私は今までぎっくり腰を4回やった事があります。

一回目は21歳の時、二回目は27歳の時、三回目は30歳の時、四回目は33歳の時。

治ったなぁと思ったらまた繰り返す。

21歳のぎっくり腰の時は病院に行かずに自分で何とかしましたが、その他は全部病院へ行きました。

でも結局温めてくださいとか、お風呂に入ってくださいとか痛み止めを貰って帰ってきただけで治療らしい事は何もせず。

リハビリを続けて徐々に回復してきましたが完治する事はありませんでした。

最近自分で気功を覚えてしまって殆どの怪我を治せるようになりました。

あまりに痛くてもう二度となりたくない、完璧に治したいと真剣に考えるようになって数年前から自分の体と会話するようにしました。

朝起きて今日はどんな調子かな?どこが痛いかな?

ちょっと気持ち悪い人になってしまいすみません。

でも本当に体が教えてくれるんです。

『今日はココが凝ってるね、のばした方がいいよ』

また次の日は『今度はこっちがつじつま合わなくなってきたね、こっちも筋肉緩めた方がいいよ』って。

マジてキモイ人ですみません。

2年間ずっとそんな体との会話を続けて最近体調が凄く良くて、もうぎっくり腰になる気がしません。

昔はまたなったらどうしようと、ならないように動こうとしか思えなかったけど最近は趣味のバレエも大きく動けて爽快!

気功が使えるようになってしまって自分の怪我を自分で治せるようになったから怖い物がなくなりました。

腰はよくなったのですが、右肩を怪我したところはまだ治せていません。

右肩は20歳の時に筋肉を断裂しているので少々時間がかかります。

でも絶対治してみせる!

本当に治したいと思い続けると治し方解っちゃうんですね( ;∀;)

まだ自分にしか使えないので、家族が怪我をした時にも捻挫とか一日で治せるように今修行中です。

人間てヤルと決意したら結構何でもできるんだね。