うつ病夫とアダルトチルドレン妻の日常

うつ病の夫をもつアダルトチルドレンの妻と子供&愛犬の日常を綴ったブログです。

クールな娘

f:id:mdker:20190421111402j:plain

私は子供の頃、友達に左右される方でした。

クラス替えの時も生きるか死ぬかくらいの感覚で、仲良しの子と一緒のクラスになれなかったらどうしようとそればかり考えるような子供でした。

それは小さい頃太っていて誰も遊んでくれなかった経験があるからで。

大根抜きという遊びは重いから誰からも引っ張られず、ずっと冷たい体育館の床に座っているだけで休み時間が終了。

サッカーやドッジボールは必ずゴールキーパー。

皆とワイワイやった経験が少ないので、ワイワイできるような環境になった時、それを死守しようとする気持ちは半端なくて。

お友達と休みの日に遊ぶ約束をしていたら前の日からずっと楽しみにして、朝からソワソワ。

今日娘はそんな状況で、一昨日お友達と日曜日に遊ぶ約束をしていたのでいつも通り早起きし、家の中を掃除して準備万端。

私がシャワーを浴びて戻ってきたらお友達のお母さんからラインが入っていて、娘が体調が悪くて遊べなくなったとの事。

うちの娘もきっと悲しむだろうなぁと思って少し自分の事をやりながら、さりげなく「Mちゃん今日体調悪くて遊べなくなったわ~」って言ったら。

「フーン」と言ってテレビを見ています。

え!?( ;∀;)そんな感じ?

めっちゃ楽しみに朝起きてきたよね?!

クールだね~

思い返せば幼稚園の時、お友達にお手紙を書いて持って行ったら「こんなのいらないって言われた」と言って帰ってきて。

でもその表情はショックを受けている様子もなく、怒っている様子もなく、私の方が胸を締め付けられるような感じで落ち込みました。

うちの娘はお友達にお手紙やバレンタインのチョコを貰っても返事をする事がなく、お返しもしたいと言わず。

私もチョコのお返しくらいはした方がいいかと思っていながら、日々の生活に流されてというか、バレンタインを無視した人生を送っているため、ホワイトデー当日がいつの間にか過ぎてしまい、結局お返ししていないという状況です。

でも突然お友達に何かプレゼントをしたくなる時もあるみたいで、何でもない日にいきなり手紙を書いたりします。

いつも自分のタイミングで行動する娘に感心し、自分とは違うなぁと思いました。

2歳の頃から私に叱られるとアンパンマンのブランコに乗ってゆらゆらして気分をリセット。

気分をリセットしてからさりげなく私に近寄ってくる娘。

この年で気持ちの切り替え方を知っているなんて、だいぶ凄いなぁと思ったものでした。

子供の適応能力や行動は本能的というか、見習うべき時があると感じます。

私は母親ですがいつも娘に何かを気づかされ、人生を豊かにしてもらっています。

このような言葉は子供がいない女性にとっては嫌な言葉かもしれなくてブログで書くのはどうかと思いますが、人生を豊かにしてもらうというかダメな自分を気づかせてくれるという感覚です。

まだあなたは成長の伸びしろがありますよ、今は未熟ですよと言われているような気がして。

 

 

娘よ、人数は少なくてもいいから将来素敵なお友達ができるといいね。

ママには大切な4人のお友達がいるよ。

私が今娘に誇れる事はこのくらいかな。

なんせ未熟ですから(;^ω^)