もう一度自分をやり直してみよう

失われた10年を取り戻そうとする40代主婦のブログです。

アダルトチルドレンでよかったと思う事

f:id:mdker:20190428200036j:plain

私は最近アダルトチルドレンで良かったのだと思える事が増えた。

まさかこんな日が来るとは。

掃除機をかけながら、シャワーを浴びながら泣いていた毎日からは想像すらできなかった。

私がアダルトチルドレンでよかったと思う事は経済的、精神的に早くから自立できた事。

親の事を自分の生活とかけ離しているので、親にもしもの事があっても影響が少ない事。

最近老人の暴走車問題がニュースになっているが、仲の良い家族は親の気持ちを考えはっきりと免許を返納するように言えずに悩んでいるらしい。

私は2年前に既に父親に言ってあった。

「車の運転なんかして誰かひき殺したらこっちに迷惑がかかるんだからやめな」と。

おかげで免許はまだ返納していないがほとんど車には乗らない。

実家に帰りたくない時は帰らないでいい事も、夫婦のみで相談しながら子育てができる事も、アダルトチルドレンだという事を自覚し、親と距離をとりながら生活している事で実現できている。

毒親は金も出して口も出す場合と、金は出さないが口だけ出す場合があるがどちらもお断りだ。

私が今こうやって平和な生活ができているのは早くから自立し、自分の幸せは何かを考え築こうと行動したのが他の人より早かったからだと思う。

中3で既に行動していたので他の人より5年~10年早いと言えるだろう。

育ちが良い人には良くも悪くも育ちの良さがにじみ出る。

もしかしたら私には泥臭さがにじみ出ているのではないかと時々鏡の前で立ち止まる事がある。

キレイかどうかではなく、育ちが良さそうか悪そうかをチェックしてしまうのだ。

私のような人に頼る事が出来ないタイプの人間にはやはり自立している女性が好きなケチな夫がつく。

いろいろな育ちがあるが、最終的には生まれ育った環境を受け入れ、その中で最善のを尽くせば神様が最高の環境をプレゼントしてくれるのだという事。

今日を一生懸命に生きた積み重ねが未来になる。

その事を娘にも伝えたい。

娘もいつか私たち夫婦の子供に生まれてよかったと思ってくれるのだろうか。

私があの毒親たちの間に生まれてもそう思えたのだから多分そう思ってくれるであろう。

そう願いたい。