うつ病夫とアダルトチルドレン妻の日常

うつ病の夫をもつアダルトチルドレンの妻と子供&愛犬の日常を綴ったブログです。

すくすく子育てに出演していた頑張り屋さんのママへ

f:id:mdker:20190430073432j:plain

先日NHKのすくすく子育てを観ていて胸が締め付けられそうになりました。

娘のイヤイヤ期や歯磨きに困った時に時々観ていました。

基本的に育児本やテレビの情報はあまり積極的に取り入れないようにしていましたが、自分でアレコレやってもダメな時は参考にしていました。

オムツ替えの時は部屋の電気を付けて子供にはダンボールで作った顔を覆い隠すカバーをするというのはかなり参考になりました。

手元はよく見えても子供は起きないので私にとっては最高に良いアイディアでした。

久しぶりに家で夜テレビを付けてみると懐かしい番組がやっていたので軽い気持ちで観てみたら結果的に私が泣いてしまうほど切ない内容でした。

あんな追い詰められた深刻な顔をしてすくすく子育てに出演しているママは初めてだったので思わず釘付けになってしまいました。

2人の子育てで疲れ切ってしまい、旦那さんは仕事で帰りが遅く全く協力してもらえないという内容でした。

よくありがちな内容なのですが、あのお母さんの表情からは複数の悩みを抱える様子が伺えました。

子育てが大変過ぎて仕事を辞めたが収入が減っただけでなく朝から晩まで子供と一緒でとてもしんどい。

夫には結婚当初から子育てや家事は仕事が忙しいから出来ないと言われていたが、それでもいいと言って結婚し子供が生まれたので頼めない。

意を決して頼んでみたが全く協力してもらえない。

家事サービスなど使いたい、子供をどこかに預けたいなどの気持ちもあるが、仕事を辞めたのだから自分でやらなければ夫にも世間的にも印象が悪い。

きっとこのママも産む前はここまで大変だと想像がつかなかったのではないだろうか。

1人でも大変なのにこのような状況で2人の子育てを親の手伝いもなく頑張らざるをえないママを見て涙がこぼれてしまいました。

このままではこのママが壊れちゃいそうで心配でした。

結論から言うと、お金がかかっても今は仕方がないから預かりサービスとか使ってゆっくり過ごしてほしい。

家事サービスもお願いしたらいい。

出来ないよ~と弱音を吐いてほしい。

とても仕事ができそうな真面目な雰囲気の女性だったので完璧主義なのかもしれないけど、子供が大きくなったらまた状況は変わるから今は自分が少しでも楽になる方法をとってほしい。

うちの娘も7歳からは殆ど手がかからなくなって私もかなり自由に仕事や趣味を楽しめるようになりました。

それまではママママと夫では泣くしお風呂も15分以上は入れない状況でした。

凄く大変なのは何年かだからその何年かは自分を甘やかしてあげてほしい。

知らない人もテレビを観て応援してますよ、1人じゃないですよ、みんな同じ事で悩みましたよ、冬は必ず春になりますよという事が伝わるといいな。