うつ病夫とアダルトチルドレン妻の日常

うつ病の夫をもつアダルトチルドレンの妻と子供&愛犬の日常を綴ったブログです。

メタ無意識の凄さ

f:id:mdker:20190713210421j:plain

人間が無意識で考えている事は、その人の人生に大きく影響するのだそう。

「もっとお金が欲しいな」「もっと痩せたいな」「もっと上手に踊りたいな」

この3つは私が3年前まで毎日のように考えていた事だ。

これを考えている時というのは、「今現在お金が無い」「太っている」「踊が下手」という事を認めてしまっている状態だ。

無意識のうちに自分はお金がなくて、太っていて、踊が下手くそだと思っているので、そういう人間になる。

私はこの1年でこの3つの問題が全て解決した。

マンションを売却して貯蓄が増えた事で、お金が欲しいと思わなくなり、勝手に仕事が舞い込んでくるようになり、更に収入が増えた。

ダンサーの割には太っていても健康だし、洋服が入らないという事もないし、今の私で何が悪い!と開き直るようになってから、勝手に痩せた。

バレエの上達はもう諦めたけど、好きなクラシック音楽を聴きながら汗を流せるなんて、それだけでも幸せな事なんだ。

スタジオに行けば気さくに話しかけてくれる仲間がいる。

それだけでも楽しいし、十分幸せな事だと思うようになってから、踊りに変化があらわれた。

痛いところを自分で治せる能力まで身について、20代の頃より体が動くようになった。

無意識って本当に凄い!

自分の事を認め、今の自分でいいと思う事がどれだけ大切な事か、思い知らされた。

子育てにもこれを生かしたいと思う。

やはり「私はコレができる」「私にはこんな良いところがある」と日頃から潜在意識の中でそう思っている事が、思い通りの自分を作り、思い通りの人生を歩んでいける鍵ではないかと思う。

とにかくエフェカシーの高い子供に育てたい。

私はこの事の大切さに気づいたから、娘の事は褒めて、認めて育てるようにしている。

私は毒親に育てられたアダルトチルドレンなので、自己肯定感がなく悲観的な人生を歩んできた。

なぜかいつも思い通りにならない人生で、本当の自分の気持ちが分からなく、幸福感もなかった。

でもやっと最近になって、自分の力で歩いているという自信と幸福感を得る事ができた。

42年もかかった。

1度の人生で、2人分の人生を生きているようなお得感がある。

これからの人生はさらに楽しんでやろうと思った。

ママはこれから輝くよ(*´▽`*)

娘よ!あなたの人生もきっとバラ色だよ♡