もう一度自分をやり直してみよう

失われた10年を取り戻そうとする40代主婦のブログです。

PTAの役員で!

f:id:mdker:20190904160847j:plain

今私はPTAの役員でお祭りの係になっていて、仕事と役員とダンスと家の事を何となく上手く回している感じです。

お祭りが終わるまでは、あと何回か学校に行かなくてはならず、仕事も思うようにできません。

それでも自分のキャパオーバーにならないように、上手くできるようになってきました。

役員の中にはグループラインで問題を投げかけたり、ポスターを書く作業や表などを作る作業をお願いしても、影を潜めて絶対にやらないやつがいます。

そして、人にやらせるのが上手いやつもいます。

いつも何もやらない人が絶対いるので、それが誰なのか密かにチェック!

世の中には本当に上手に楽をしながら生きている人がいるものです。

私も今回はその人たちを参考に、一つ大きな仕事を自分から引き受けた後は、他の人にお任せしました。

得意のパソコン作業でもやりたくないので手を上げず、他の不得意な人にやってもらいました。

いつもなら引き受けてしまいますが、公平を保つために得意な作業でもやりませんでした。

そしたら何もしていない人が最後にグループラインにひょっこりメッセージを残してきて。

私、やります・・・的なコメント。

出たな!?ズルいやつめ!!あたりまえだ!!!とっととやりやがれ~( `ー´)ノ

このまま誰かがやると先に言っていたら、また影を潜めたままコメントも残さないつもりだったのでしょう。

私は今まで面倒な事を自分から引き受けてしまう性格だったので、かなり損をしていましたが、もっと賢く生きようと決めました。

決めたというか、自然とそう振舞えるようになってきました。

毒親に育てられると、どうしても自分が犠牲になれば全てうまくいく的な考えで生きてきましたが、もう昔の私ではありません。

すっかり毒親からは解放され、やりたくない事はやらず、賢く生きられるようになってきました。

こういったPTAの活動でも、自分の変化が感じられてよかったなと思います。

ダンスでも自己表現が下手でいつも悩んでいましたが、心が解放されて前より大きな動きで、感情を表現できるようになってきました。

育ってきた環境は本当に大きい。

小さな事にもそのバックグラウンドは影響する。

でも自分で自覚すれば、自分の人生はいくらでも変えられる。

ズルいやつとも上手く関わろう。

そう思えた出来事でした。