もう一度自分をやり直してみよう

失われた10年を取り戻そうとする40代主婦のブログです。

娘に教わりながら在宅ワーク

f:id:mdker:20200426111616j:plain

子育て中は外に働きに行くだけで本当に大変なめにあった。

子供の急な発熱でお休みした時、幼稚園で怪我をしたので今すぐ迎えに来てほしいと言われた時、嫌味を言われたり居づらくなって本当に辛かった。

仕事中に携帯が鳴ると本当にドキッとしたものだ。

もう外で働くのは無理だと思って1件40円の入力作業を1日5件こなす事から在宅ワークを始めた。

1日200円なので1か月6000円。

外で働く時の1/10しか稼げなくなったけど、たった6000円でも家で稼げる事に感謝した。

外で働くのと同じ金額を稼ぐまでに3年掛かった。

勤めている会社で在宅ワークになったのなら仕事内容も変わらないので良いかもしれない。

でも私のようにお花屋さんで働いていた人間が仕事をやめて、いきなりパソコンで仕事を始めるとなると苦労の連続だった。

クラウドワークスの登録、チャットワークの登録、グーグルスプレットシート?アカウント?スカイプ面談ではうまく接続できず、画面共有って??やっと仕事を始められるかと思いきやパソコンの処理能力が低くて作業ができない。

新しいパソコンを購入してから再スタートをして軌道にのりはじめるのに1年かかった。

今となってはあの時花屋で追い詰められて仕事を辞めた事、嫌味を言ってきた上司にも感謝する。

3年前に在宅ワークを始めていなければ、今毎日穏やかな気持ちで子供と一緒に過ごしながら勉強を見てあげる事もできなかったであろう。

本当に日本は子育てしながら外で働くのが難しいと感じた。

在宅ワークがもっと広がれば日本のお母さんはかなり負担が少なくなるであろう。

私は今小学3年生の娘にパソコンのタイピングゲームをさせている。

ユーチューブ動画を見る事も止めはしない。

将来的に投稿してみたいと言われても止めはしないだろう。

将来ネットテラシーが高くなりこれからの時代に合った子供に育てたいから。

自分が育ってきた環境とは全く違う子育てをするのには抵抗がある。

でもこれをさせないと本当に苦労すると実感があるから、タブレットやスマホ、パソコンなどの全てを与えている。

まさに手探りではあるが、しっかり娘の様子を観察しながら勉強をみてあげながら過ごさなくてはいけない。

数日前、娘が凄いキラキラした目で嬉しそうに言ってきた。

「ママ、今日ね2人も殺せたんだよ!」

( ゚Д゚)!!!

それ、ゲームですよね?

心配だ。でも私は自分の子育てを貫くと決めた。

「凄いね~、昨日より強くなったね!」と言ってあげた。

本当はそんなゲームばっかりして!と思っている自分もどこかにいるが、グーグル翻訳機能で日本語訳をしながらロブロックスというゲームをする娘を見ながら頼もしいとも感じる。

今コロナの時代に毎日娘と一緒に過ごせる事は、私にとって宝の時間だと思う。

数年前子宮頸がんになった時、もしかしたら私は死んでしまうかもしれないと思った。

その時、私が死んでも一人で生きていける人間に育てなくてはいけないと思った。

なんとなく娘は時代の流れを読み、最先端のアイテムを駆使して生きていけそうな好奇心旺盛な子供に育っているような気がする。

とにかく愛情をもって個性を大事に今後も子育てしていこうと思う。

在宅ワークは18歳からできる。

将来娘と並んで在宅ワークができるようになればいいなと思う。

あと10年の間にどれだけの子育てができるか。

スマホやタブレットに関しては既に娘の方が上をいっている。

これからは娘に色々な事を教わりながら、私も死ぬ間際まで在宅ワークが出来ればと。